…そして多分、私の目も丸くなっている。

風間先生の診察室だと思わなかったから…聴診器を首にかけて、診察室にいる光景を見るのが初めてだから…ちょっとドキドキしてしまう。

「どうしたんですか?」

看護師さんの問いに事情を説明し、内田さんの次の人を先に診察してもらい、その次に内田さんを呼んでほしいと頼んだ。

「わかったわ」

看護師さんはカルテの順番を変えてまたアナウンスを流した。

ドアを出ようとしたとき

「相沢さん」

先生に呼び止められた。

「…ありがとう」

なんだか照れくさくて、小さく礼をしてドアを閉めた。


内田さんを中待合に案内して、

「この次に呼ばれますからね」

と2診のすぐ前のソファに座ってもらった。

「ありがとう」

内田さんは何度もそう言って、私は頭を下げてその場をあとにした。