「また、おいで。待ってるよ」

田村夫妻と楽しい時間を過ごした駿太郎と彩月は、田村宅から10分のところにある駿太郎の実家近くの公園に来ていた。

「いい先生だね。奥さんも優しい」

「ああ、先生のお陰で高校と大学、卒業できた」

滑り台で遊ぶ親子連れを見ながら、二人はベンチに座っていた。

彩月の手には、高校の頃に駿太郎が描いた絵のスケッチブックが握られている。田村が『欲しいなら持っていきなさい』と彩月に持たせてくれたのだ。

「そんなもの面白くもないでしょ」

駿太郎の問いに

「高校生の駿太郎に会えた気がするから」

と彩月が答えた。

彩月が今見ているのは、駿太郎の高校に住み着いていたカラスのデッサン。

窓際でいつも外を眺めていた駿太郎は、ある日、隣の校舎の屋上にとまっているカラスと目があった。足を怪我しているようでいつも片足で立っている。

山を追われ、都会に生きるカラス。自由に見えてもそうじゃない。こいつは限られた範囲で自由を満喫しているのか,,,。

決して人間とは心を通わすことはないのに、その傍らでつかず離れず暮らす。

"まるで俺と家族、周囲の人間との関係のようだ"

「駿太郎はこの子(カラス)に親近感を感じてたんだね。憧憬の念を感じるよ」

駿太郎は驚いて彩月を見た。

「そうだな。自由の裏にある寂しさに共感してたかも」

彩月は、それを聞いてにっこり笑う。

「今なら違う絵がかけるね」

「ああ、そうだね」