次の日は仕事だったので、朝早くにバタバタと彩月は帰っていった。

朝9時、通常通りの仕事が始まる。

「おはよう」

「おはよう」

職場で再び顔を合わせた二人は、人にわからない程度に微笑みあった。

「体は大丈夫?」

朝礼の時、彩月の耳元で駿太郎がささやいた。真っ赤になる彩月に満足気な駿太郎。

「何?フルマラソンにでも出たの?」

少し離れたところにいた同期の松山には二人の話が聞こえたようで、話に割り込んできた。

「いや、違うんだけど,,,。ちょっと,,,。」

「運動といえば運動だね」

ニヤリと笑う駿太郎に首をかしげる松山。真っ赤な彩月。

「羽生がにやけるなんて珍しいな」

不毛なやり取りに満足して、駿太郎は店長の話を聞くことに集中した。