さすがに眠い。

 昨日家に帰ったのが24時を過ぎていたのにも関わらず、今日は8時出社なので早めの7時半に来た。いつもは15分くらいに来るのだが、なかなか身体が動かなかったのだ。まだ家が店から近くて助かったが……。

 鹿谷は店長室のパソコンの前に腰かけ、朝の準備をしながら、昨日カウンターの現金誤差の件で関 美生が24時まで粘ったのにも関わらず結局原因が分からず帰ったことを、首を回しながら振り返っていた。

 702円多いのなら分かりそうな気がする。それでも追究できなかった事に対して、しょげていたが、仕方ない。そういう時もある。

「おはようございます……」

「え?」

 振り返って関の登場に驚く。まだ7時40分だ。

「え、まだやる気か?」

 昨日の続きをまだするつもりかと、その姿を見たが、関はすぐにパイプ椅子に腰かけ、テーブルの上に伏せった。

「さすがに来るの早いだろ。もういいよ、昨日のは。まだ1時間半は寝れるからスタッフルームで寝れば?」

「…………」

 何も言わない。

 まあそこで寝てもいいので、放っておくことにする。

 それに、全く嫌な気持ちはしないし、むしろそこで寝ていてくれるというのが落ち着く。

「昨日……」

 言いだしたので振り返った。

「………」

 だが続かない。

「昨日、何?」

 聞いたが答えない。

 話していたいが作業を進めないと後に響く。

 鹿谷は伏せる関を一旦無視し、集中して朝の作業に取り掛かろうとする。

「おは…え? 美生?」

 その声とその呼び名に驚いて振り返った。

 そこには湊部長がいる。すぐに立ち上がり、「おはようございます!」と頭を下げた。

 が、美生……って……。

「なんなの、この状況は」

 湊部長のどんな感情も読み取れなかったが、すぐに視線が飛んできたので慌てて

「いや…僕も分からなくて…」

「…眠いだけ」

 くぐもった声が聞こえる。

「え? あ、サイレンの音? なんかあったの? 朝から警察があの辺りにたくさんいたけど」

「え、ほんと!?」

 関は、湊部長を見上げた。

「知らないの? どゆこと?」

 湊部長は関の隣に腰かけながら無表情で俺に聞く。

「え!? いや、僕は…」

「私さ……早くからここに来たの」

「何で?」

 どういうつもりか、どすん、と鞄を机の上に置かれる。

 いや、俺は関係ねーし…。

 というか、この2人はそういう関係なのか…。

 ということは、昨日の話は案外マジで……。

「…サイレンの音が聞こえたから目が覚めて。結構早かったの。4時くらいだったと思う。だから早く来たの。早出だし」


「ふーん……。何があったんだろね。まあ大した事件じゃないといいんだけど…」

「………」

 関はそのまま顔を伏せてしまう。

 意外にも湊部長と目が合った。

「何があったか、知らない?」

「いや、僕は…家が反対方向なんで」

「そう…。電話くれたら一緒に乗せて来たのに」

 俺…いるんすけど。

 さすがに時間的に外に出て気を遣う暇はないので、そのまま再びパソコンの前に座る。

「今日来るとか知らないし」

 …昨日俺が仕事しろって言ったせいか、最初からあんまり仲は良くないのか…。

「おはようござ……」

 関店長だ。やっぱり固まっている。

「おはようございます」

 俺は座ったままだが、あえて目を見て言った。だが、そういう風に驚いているわけではない。

「…あぁ…また…どうかしたんですか?」

 また、という言葉が引っかかる。

「いや。そういうわけじゃなさそうだけど。一君、知らない? 美生んちの近くでパトカーきてたの」

「え? なんかあったんですか?!」

「知らないか……。いや、それとこれとは関係なさそうだけど」

「寝不足なだけ」

 関は顔を上げたが、本当に寝不足なようだ。少し顔色が悪い。

「朝4時からサイレン鳴ってて、昨日12時までここにいたから」

「え、何があったの?」

 関店長が聞く。

「あいや、702円の過大誤差があったので…」

 みんな関を見つめていたが、あえて俺が喋った。

「だって、昨日は私しかいなかったから私がちゃんと追究しようと思ったの!」

「まあいいけど。1時間で充分じゃない?」

 湊部長が言う。

「それには…色々事情があって」

 清算点検が出来てなかったことを言いたくはないが、言われっぱなしが嫌なんだろう。

「まあ、清算点検が出来てなかったとかなら仕方ないけど」

 関店長が図星をついた。

「……」

「基本の周知ね」

「はい」

 関は大人しく萎れた。

「すみませんは?」

 湊部長は更に押し込んでくる。

「すみませんでした」

 それにも子供のように素直に従い、誰ともなしに頭を下げている。

「………」

 関は立ち上がると、フン!という声が聞えそうなくらい、パイプ椅子を強引に机にねじ込むとそのまま去って行く。

「み、湊部長、関と……」

 仲が良いんですね、くらいは言った方が自然だろうと思ったが、相手は不自然なほどの笑顔で

「遠い親戚だよ。血のつながってない」

 どういう!?

 関店長を見たが、平たい目で湊部長を見ている。

「黙ってたけど、なんかネットでは殺人事件だって書いてたよ」

 湊部長は今更言い始める。

「物騒ですね」

 関店長はさらりと返した。 

「引っ越すって言いだすかなあ……」

 そして立ち上がり、鞄を手に持つと、何事もなかったかのように部屋から出ていく。