恥ずかしさとドキドキで、目頭まで熱くなる

瞼にたまる涙を瞬きすることでやりすごしながら、礼から目を離さずに返事を待った


礼はぱっちりした目をさらに大きく見開いたが、口元は何かを耐えるように固く引き結ばれたまま

やがて目を伏せ、何かを飲み込むようにのどが上下する
すっと息を吸いこむと、まつ毛を震わせながらゆっくりを私を見た

一瞬だけ切なそうに眼が揺れて見えたのは、気のせいだろうかーーー

そんな思いがふっと頭をよぎったが、すぐに
彼の表情が全くないことに気が付いた

動揺し始めた私の耳に、礼の言葉が入り込む___



「ごめん、

お前のこと友達以上にはみれない」



頭の中が空洞になったようだ、何も考えられない

あまりのショックに涙も出ない……が、

目の前の彼がまたあの切なそうな目をするのを見て、

ーーー私は瞬時に覚悟を決めた


この恋心に蓋をして、頑丈な鍵をかけることに決めたのだ