「毎年のことだ、気にすんな」

「ハア?聞いてないです」
思わず低い声が出る

「言ってねェし」

「・・・・」

「どうせ言っても帰ってこれなきゃ、悶々とするだけだろ」

その通りですよ!

「大丈夫。紫織ちゃん、けっこう鈍感でオールスルーだったし。タチの悪いのは綾乃が追い払ってたから」

「・・・それはどうも」
アンタは何してたんだ?

「ったく、かわいくねエ。でも・・・なあ、やっぱお前、何かしただろ?」

「何でそう思うんですか?」

「紫織ちゃんが微妙に色っぽい」

ギロッ!!!

「怖えよ・・・しょうがねえだろ。お前に会って虫が増えた。お前が来てよかったのか、悪かったのか・・・」

「今すぐ連れて帰りたいんですが」「却下だ!」

チッ、即答かよ!

早く二人きりになって、聞きたいことや伝えたいことがたくさんあるのに・・・

まずは紫織のそばに行って虫退治だ!



その後、綾乃さんにからかわれ、友和さんに絡まれながら、俺は紫織に近づく虫たちを牽制しまくってパーティーは終了した