「偏見だな……ふざけるな」


すぐ耳元で、囁くような怜士の声。

しかし、その声音は酷く冷たく耳に届く。

ぞくりとして、沙帆は首をすくめる。

恐る恐る目を向け見えた怜士の表情は急に神妙な面持ちで、沙帆は金縛りにあったように瞬きすらできなくなった。


「この間から気に食わなかったが……医者を一緒くたにダメ人間みたいに言うのは、迷惑な話だ」

「え……」

「まあいい。今日の話に乗ってみようって気が変わったら、連絡してこい」


急に声のトーンと変えて、怜士は口角を上げ意地悪く笑みを浮かべる。

ころころと変わる怜士の変化についていけない沙帆は、その場に呆然と立ち尽くしてしまった。

「戻るぞ」と先に去っていく怜士に声をかけられても、沙帆はしばらく池の水面をじっと見つめていた。


この作品のキーワード
医者  ドクター  お見合い  政略結婚  俺様  胸キュン  イケメン  婚約  契約  運命