「ありがとうございましたー」

「また来まーす!」

手を振って去っていく女性へ、私も笑顔で手を振り返す。

「愛乃ちゃん!」

「うわっ、店長!?」

店の中に戻った途端、後ろから店長の肩を叩かれて驚いた。

「帯、また売れたよ!
半襟の評判も上々」

「ほんとですか!?」

店長がおいでおいでと手招きするので、一緒にカウンターの中に入る。
私の方へ向けられたノートパソコンの中では、商品がいくつかSOLD OUTになっていた。

「愛乃ちゃんのデザイン、ほんと人気でさー。
アップした途端に売り切れちゃう」

「ほ、褒めたってなにも出ないですよ……」