***

アンドロイドの「A」は
毎晩同じ「少女」の夢を見る。

『私を探して』

そう訴え空に消えていく
白いワンピースの少女。


「ハカセ、
どうしてボクはユメをミルノデスカ?」

___ボクは、ダレなのデスカ?


夢に出てくる少女を探すため
そして、自分の正体を知るため

アンドロイドは研究所を飛び出す。


外の世界で出会ったのは

「ちいと手伝ってくれんかの」

自分が認知症であることを知りながらも
幸せな毎日を過ごす100歳の老婆と

何百年も前に犯した
たった一つの自分の「罪」だった。


「あんたは、誰なんだい?」

「ボクは___」


"1人"のアンドロイドが見つけた真実とは___。



start ▷ 2019.1.2
finish ▷ ///


***


自身3作目の執筆になります。

長いブランクを経ての再スタートです。
どうか温かい目で
見守って下さると幸いです。

尚、数年前に完結させた2作品も
まだまだ絶賛公開中です。

稚拙な作品ではありますが、
こちらの作品も読んでもらえると
なんとなーく私の作風を分かって
いただけるのではないかと思います。

もしご興味があればどうぞ(^ ^)

それでは3作目も
よろしくお願いいたします!

この作品のキーワード
SF  近未来  アンドロイド  ロボット  冒険  少年  ミステリー  高島ハル