お見合いの席でいきなりプロポーズしてきたのは
理想の結婚相手とは程遠い苦手なカレだった。


「麻衣子を絶対俺の嫁にする」


好きになるわけないと思っていた。

だけど同じ時間を過ごす中で、私の知らない意外なカレの一面を知るたびに
心が大きく揺れ動く。

「早く俺を好きになって、お嫁においで」

強引なカレの完全なる包囲網とは……?

この作品のキーワード
お見合い  オフィスラブ  溺愛  同居  御曹司  俺様  独占欲  プロポーズ