15時を知らせる茨丘の鐘の音と共に、
私達のお茶会は開かれる。


可愛らしいドレスを身にまとって

時間をかけてメイクをして

お気に入りのリボンのついた
ヒールを鳴らしながら、

今日もいつもと同じあの場所で。




『女の子だったら誰でもヒロインになれる』





そういう言葉もあるけれど、

でも……

ヒロインになれない人も中にはいるんです。




そんな私達の小さな秘密のお茶会。




ファンタジー × ヒロイン失格者



゚*。:゚ .゚*。:゚ .゚*。:゚ .゚*。:゚ .゚*。:゚




START & GOAL
2019*1*21




目次

この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  短編  ほのぼの  恋愛  お茶会