……私は眼鏡フェチだ。

小学校のときに好きだった先生は眼鏡だったし、中学のとき憧れていた先輩も眼鏡だった。
高校のとき、片思いしていた同級生のあいつも眼鏡だったし、大学生のときにできた初彼もやっぱり眼鏡だった。

……そう。
眼鏡フェチ、というか眼鏡があって初めて好きになれるというか。

そのはず、なのだ。

なのになんで。

……なんで私はいま、
眼鏡じゃないあの男のことが気になって仕方ないのだろう?



その男……主任との出会いは、今年の九月。
秋の人事異動で東京本社から福岡支社のうちに移ってきた。

二十八歳、独身。
標準語、だけど関西出身だからかどこか残る関西訛り。
半袖シャツじゃなくて袖まくり派。
長身。
綺麗で大きな手。
爽やかな笑顔。

……ええ。
女子的には萌え要素満載ですよ。