私は、見えない。

 僕は、話せない。

この作品のキーワード
青春  筆談