時は1999年、神を全てとし生贄を捧げていた時代。





神に捧げられることそれはとても光栄なこととされていた・・・




そう、この村でもまた一人神に捧げられる少女が決まった。










作者です。こんにちは。
今回は2作目です。
内容的に苦手な方やあまり好ましくない方はお戻りをお勧めします。
それでもよろしい方は進んでもらえると光栄です。
運命→運命〜貴方が愛しくて〜に変えました。

あらすじ

古(いにしへ)より伝わる古い古い伝説。


それは神に生贄を捧げていた時のこと。


そんな可哀想な少女が此処でもまた一人いた。


彼女を救える光はあるのだろうか・・・

目次

この作品のキーワード
生贄  巫女  神様