私の前、
ニコニコと娘を抱く彼は



紛れもなく私の親友、まこの彼氏。



何を思い彼は私を呼び出したのか



娘に会うため?
彼女の居場所を聞くため?



それとも
それとも何か気付いてる?




龍と結婚し妊娠した私は
長年続けた仕事を辞めた。



もちろん仕事を辞めることに
迷いはあった。



同期がまこしかいないこと。
私が辞めるということはその分の負担が
まこにのしかかるということ。



彼女の病気のこと。
過去のこと。
これからの生活のこと。


でも、心配してたのは私だけで



紺ちゃんと付き合ってからの彼女は
本当に輝いていた。



私と紺ちゃんも仕事で一緒のことも多かったため
心から彼を信用していた。



彼女の全てを受け入れ
一生分の愛を捧げてくれた。



誰も信じて疑わなかった。



2人の未来は
2人のものだって信じてた。

この作品のキーワード
純愛  花言葉  病気    カブトムシ  運命  妊娠  出産