僕が担当しているクラスには

笑顔が素敵な、少し小柄な女の子がいた。


両親に大切に大切に育てられたような

育ちのいい女の子。


僕は彼女にそんな印象を持っていた。


でも、初めて見た彼女の涙。

それは、孤独に満ちた涙。


初めて見た彼女の泣く姿。

それは、今にも壊れてしまいそうな、いつもの彼女からは想像もできないようなか弱い姿。

目次

この作品のキーワード
  教室  先生