朝。
目が覚めると、誰かに頭を撫でられていて。


「おはよう、鈴華」
「……っ、なんでいるの!?」


優翔と同じ部屋にさせられて早1週間。

いまだに慣れない私は、朝目が覚める度ベッドにいる優翔に驚く日々。



「もー、このやり取りもう何回目?」

さすがの優翔も呆れていて、不満そうに頬を突かれる。


「ご、ごめん…だって、なんか…」
「まあいいや、鈴華がかわいいから許してあげる」

「何それ…」



きつく優翔を睨んでやるけれど、彼はまったく怯まずにベッドからおりる。


「ほら、早く着替えるんだよ?」

相変わらず朝起きるのが早い優翔はすでに制服姿で。
先に部屋を出た。

この作品のキーワード
胸キュン  甘々  溺愛  高校生  強引  ヤンデレ気質  ツンデレ