『サボってないし。真奈が俺の悪口言ってたら、全部報告するように!って、柚葉ちゃんに言ってただけ~』


そんな2人のやり取りがいっつも楽しくて、見てて素敵なカップルだなと思う。


『本当、仲良しだよね。でも、真奈、すごく美人だから、良介君も心配ですよね』


『美人かな?柚葉ちゃんの方が可愛いくてイイと思うな~』


『はい、はい。もう、いいから。良介あっち行ってて。今日は女同士、いろいろ話したいんだから』


『いっつも真奈は、こんな感じで可愛げがないよな。柚葉ちゃんからも、もっと女らしくした方がいいって、注意してやって』


私は、指でOKマークをして、笑った。


『可愛げがなくて悪かったわね、私、オムライスとカフェオレね』


『じゃあ、私はカルボナーラとミルクティーで』


『かしこまりました、どうぞ、ごゆっくり』


良介君は、紳士的に微笑んで、頭を下げてから奥に入っていった。