未設定

あらすじ

 お互いの印が消える日。それは、お互いが認めてしまった日でもある・・・。

 俺は、消防士をしている。
 よくある話だが、この職業をしていると、”バカ”に遭遇する事が多い。

 今日も、高校生の”ガキ”が、公園で花火をしていると連絡が入った。”警察に言えよ”とも思うが、公園の遊具が燃えていると言われたら、緊急出動しなければならない。

この作品のキーワード
短編  切ない  いじめ  復讐