それから、一番気がかりだった、私の実家のことも話した。

「美鈴が唯一の家族である、お母さんのことを大切にする気持ちはよくわかる。それに、いずれ僕の母にもなる人だ。だから、一緒に話し合っていこう。お母さんの意思も大切にしないと」

確かにこれまで、私の想いを押し付けるばかりだったかもしれない。
母はいつだって、「自分の幸せを手放さないで」って、私に伝え続けていた。

「そうですね。私はこれまでずっと、私が静岡に帰ることが母のためになると信じて、言い続けてきました。でも母は、いつだって私は自由なんだって、我慢しなくてもいいんだって、言ってくれていました。
私、親切心の押し売りみたいになってたのかも……」

「でも、お母さんは、美鈴が自分のことを想ってくれて、嬉しかったと思うよ」

「ありがとう。啓太さん」