木曜日。
山岸さんの同行から帰って、事務仕事をしていると、プラスoneへ行っていた篠原さんが帰社した。

「ただいま」

「お疲れさまです。コーヒーでも淹れましょうか?」

「お願い。ところで美鈴ちゃん、東山さんが気にしてたよ」

「何をですか?」

「美鈴ちゃんが同席しなかったこと。どうしたのかって聞かれたから、社長に同行しているって答えておいたよ」

「そうですか……」

「今度会った時にさあ、昔話でもしてみたら?」

「篠原さん、すみません。当時のことは、楽しい思い出ばかりじゃないので」

少しだけ、声のトーンが低くなってしまう。

「あっ、ああ。ごめん」

父親を亡くしている事情を思い出したのか、篠原さんがしまったという顔をした。

「ごめん。デリカシーがなかったな。ただ、東山さんはいい人だよ。気にかけてくれてるみたいだからさ」

「はあ……」

そうは言われても、「同じ発表会に出ていましたね」以上に話が広がるとも思えないんだけど……

「じゃあ、コーヒーお願い」

篠原さんはそう言い残すと、副社長室に入っていった。