今朝は、少し雨模様。


春の長雨にならなければいいけど…


せっかく綺麗に咲いた桜が、散ってしまうのはもったいない。


ホテルのラウンジから見える、雨に濡れた満開の桜を見て、そう思った。


昨日、あれから…


私は、絢斗としばらく話し合った。


あまりの驚きに、ちょっと頭が混乱してたし、いろいろ悩んだけど…


でも、結局、2人で暮らすことになった。


絢斗が、どうして私を恋人役に指名して、その上、一緒に住もうなんて言ったのか…


落ち着いて考えても、答えなんて出るはずもなかった。


まさか、私の気持ちに気付いてないよね?


うん、私の絢斗への気持ちは、誰にも話してないんだし、それは、無いよ…


とにかく、私は…


絢斗のお母様のために、悩みながらも、2人で住むことを了承したんだ。


引越しは、来週。


私が、お休みの日。


絢斗の知り合いの引越し業者の人が、全て作業してくれるみたいで…