数日後、野原と田中をはじめとした五人組はどこかの小学校へ転校していったのだと、美暖は玲音から報告を受けた。

ネットニュースでは、野原議員の不正が暴かれ、田中社長の有する電気機器の会社の立ち退きが決定したとか何とか・・・。

いずれも美暖の伺い知ることのない大人の事情である。

ご当地アイドル的人気を誇っていた花菱玲音は、敵にまわしては恐ろしいと評判になった真島家の未来の当主候補と認識されてから、周辺を荒らされることはなくなった。

もちろん美暖自身もおなじである。

美暖が玲音といようが、勇気と帰ろうが、事情を知る者は誰も手を出してはこない。

美暖は、真の平和を手にしたのである。