「俊平ー、たまには買い物でも一緒に行かない?」


 夏休みになってから1週間くらいした頃、母さんがドアをノックして、自室にこもりっきりの俺に声をかけてきた。


 どうやら俺を心配してるらしい。


「……買い物?」

 ドアを開けて、俺は首を傾げる。

「そっ。夜ご飯買いに行きたくて。付き合ってくれない?」

「……わかった」

 そういうと、俺は着ているパーカーのフードを深く被り直した。

「相変わらず、顔は隠すのね」

「……別にいいだろ。どこ行くの」

「……んー、家の近くのスーパーかな。何、どっか買い物行きたいとこでもあった?」

 首をかしげ、母さんは言う。

「……いや、なんでもない」

 母さんは俺への罪悪感を隠して、明るく振る舞っている感じがした。

 元気がない俺を心配して、わざと明るくしている。

 でも俺はそれが昔の母さんに戻ったみたいで心地よかったから、何も言わなかった。