雲一つない、抜けるような青空。
海岸沿いのホテルに隣接した、総ガラス張りのチャペルは遮るものがなく眩しい。

大安吉日の今日の良き日、私の親友である
里中美央(さとなかみお)が結婚式を挙げた。
お相手は、私の親戚の長谷川斎(はせがわいつき)くん。
今年は出会いから丸20年という、節目の年。
長い年月が2人の歴史、そして絆となって、今日の日を迎えた。




私は、坂上愛(さかのうえあい)25歳。
現在、自身が通っていた母校の幼稚園に勤務して3年目の幼稚園教諭だ。
四大を卒業しているので、職場に短大卒の先生が多い中、少し年齢を感じているこの頃…。
幼稚園の先生は体力勝負。
スキルは年齢と共に上がるものだが、それに反比例し、体力的にはどんどんキツくなる。
でも。
仕事は楽しい。
子供達は可愛い。
この仕事は天職だと思ってる。
体力の続く限り、続けていきたい。

それはさておき。
今日の主役は私の親友。
美央は私と同じ、カトリックミッションスクールを幼稚園から大学まで出ている。
その後、大学院に進み、臨床心理士の資格を取得した後、この春からスクールカウンセラーとして母校に勤務している。