自分が容疑者の一人だと言われ、理花の母親から『人殺し』と言われたことを思い出すと哀しみの中に怒りが湧いてきた。

警察署に着くとすぐに埃っぽい小さな会議室のようなところに通された。
待っているとすぐに渡部ともう一人年配の男性が一緒に入ってきた。

「本日はお時間をいただきありがとうございました。こちらは署長の森永です。」

「初めまして。森永です。本日はありがとうございます。早速ですが芹沢恭吾さんにお話を伺わせて下さい。」

そういうと隣の部屋へ繋がっているドアを開け、促す。

「恭吾一人だけでですか?」

真は驚き立ち上がるとやや怒りの籠った声で聞いた。

「そうですね。大丈夫ですよ。お話をするだけですので。」

渡部がなだめるように優しく言うも真は納得していない顔をしている。

「昨日の電話で一緒にとお願いしたはずですが。」

「ご心配なのは承知しております。ですが彼も自分の口できちんと話ができる年ですし少し私たちに任せてもらえませんか?」

森永は口調は穏やかだが真顔で譲らないといった様子で再度隣の部屋へと恭吾を促した。

「まこちゃん、過保護すぎ!俺大丈夫だから。行ってくるよ。」

そう言うと森永について恭吾は隣の部屋に移動した。