「悠理?」
 「辛かったね、真紘。もう大丈夫」
 不思議と、涙が引っ込む。
 「俺は、真紘のことが、真紘の中身が大好きだから」
 悠理が柔らかな声でそういえば、私の気持ちも落ち着いてくる。
 「悠理、ありがとう・・・。本当にありがとう」
 「ん」
 自然と二人の距離が縮まって、なくなる。
 唇が重なる。
 ただ触れるだけのキスで、リップ音が部屋に響く。
 ふ、雰囲気が甘い・・・!
 こんな甘い雰囲気になったのは初めてで、恥ずかしくて俯く。
 「真紘」
 「・・・っん、ぅ」
 私を逃がさないとでもいうように悠理は私の顔を上げさせ、深いキスをする。
 身体中の血が顔に集まったみたいに、顔が熱い。
 「真紘、顔真っ赤」
 「う、うるさい・・・」
 否定するも、その声は小さい。
 「・・・寝よ、真紘」
 「ふぁ!?」
 ねねねねね寝よ!?
 何を言い出すんだ!?
 「悠理!?」
 「・・・スゥ、スゥ」
 「は?」
 一気に脱力してしまう。
 隣を見ると、悠理は穏やかな顔で眠っている。
 ・・・なんか、私が変態みたいじゃん。
 というか、寝るのはやっ!
 さっきまで、起きてたじゃん。
 しかも、ここソファだし。
 言いたいことはいっぱいあったけど、過去のずっと私にのしかかっていた黒い感情を話せたからか、私にも眠気が襲い掛かってくる。
 まぁ、今日ぐらいはいいかな・・・。
 悠理の肩にもたれかかって、瞼を閉じる。
 
 翌日。
 私より少し早く目覚めた悠理に「危機感を持って!」と怒られた。
 解せぬ。
 ちなみに、モデルの皆には私と悠理が付き合ったことはすぐばれた。
 皆曰く「悠理の機嫌が物凄くいい」らしい。
 モデル内恋愛禁止とかいうルールもなくて、素直に祝ってもらった。