「俺、明日死ぬんだ」
そう言って小説家は姪に大きな封筒を渡す。『遺書』と書かれたそれに冗談だと思った姪は笑いながら受け取る。
中身を見ずに迎えた翌日、小説家は自室で冷たくなって発見された。
自殺とも事故とも捉える事が出来る状況に、姪は昨日貰った遺書を開けてみると、中身は遺書とはかけ離れたものだった。

あらすじ

「俺、明日死ぬんだ」
そう言って小説家は姪に大きな封筒を渡す。『遺書』と書かれたそれに冗談だと思った姪は笑いながら受け取る。
中身を見ずに迎えた翌日、小説家は自室で冷たくなって発見された。
自殺とも事故とも捉える事が出来る状況に、姪は昨日貰った遺書を開けてみると、中身は遺書とはかけ離れたものだった。

この作品のキーワード
ミステリー  女子高生  遺書