大倉ひまり、高校一年生。私の家のお隣さんは、大好きな幼なじみの石原旭君。

仲良しの友達と、旭君もいて高校生活はとっても順調。

だったのですがーー




「お前なんか嫌いだバーカ」

天邪鬼で意地っ張りの旭君がなんと、

「俺ら、付き合う?」

私に告白してくれたのです!

もちろん、返事はオーケー以外にありません。

「…お前はホントに、お人好しだな」

私は、知らなかったのです。彼の本当の気持ちに。自分のことばっかりで、気付いてあげられなかった。

「ごめん、ひまり」

謝らないで、旭君。

天邪鬼で嘘吐きな貴方が、私は大好きだから。

旭君の為なら、私はなんだってできるよ。





天邪鬼な意地悪男子×一途な不器用女子




この作品のキーワード
学園  幼馴染み  純愛  切ない  ツンデレ  イケメン  ピュアラブ