翌日、障子から降り注ぐ陽の光で目を覚ました。

 静かにふすまを開けると、冷房にあたりながら布団に包まるシルエットが見える。

 気持ちよさそうにすやすや眠っているようで、寝返りではだけた襟から見える首筋と鎖骨が色っぽい。

 そういえば、ホテルに泊まった翌日も千里さんは私より先に起きていた。

 紳士的で所作も隙がない彼の無防備な姿を見るのは初めてなので、知られざるプライベートをのぞき見してしまった気分になる。

 せっかくのお休みだし、このままゆっくり寝ていてほしいな。

 朝ごはんを作ってあげたいけれど、勝手に食材や台所のものを使うのは気が引ける。

 少し考え込んだが、私と彼は夫婦になるのだ。家にお邪魔するのは初めてとはいえ、自由に出入りしていいとの許可ももらっているし、遠慮しすぎなくていいだろう。

 髪を整えたあとに、気遣い程度に軽く化粧をして台所に立つ。