さっきの小林先輩たちを前にしていたとき、豹くんがまるで別人のように感じた。


豹くんも、怒るとあんなにこわい一面があったなんて。

今の表情からじゃ、想像もつかない。



タバコの火を押しつけられそうになり、これまでにない恐怖を味わった。


だけど路地裏から出ると、そこにはいつもと同じように人が行き交い、まるでさっきまでの出来事が別世界で繰り広げられていたような感覚に陥る。