「いらっしゃいませ~」

街外れの緑豊かな丘の一画にある北欧風の小さなケーキ屋さん『プチ・ボヌール』。ここが私、佐倉 凛子(さくらりんこ)の職場である。ここのオーナーに声を掛けてもらい、パティシエールとして働き始めてもうじき四年になる。

「凛子ちゃん、フラワーケーキのオーダーが入ったよ」

「本当ですか? 」

「先月、早川(はやかわ)様の結婚式のケーキを作っただろう? その結婚式に参列したお客様のおひとりからのオーダーだ。凛子ちゃんの作るケーキを見て感動して、ぜひともオーダーがしたいと連絡をくれてね」

「うわぁ、嬉しい限りです。丹精込めてお作りさせていただきます」

オーナーの話を聞いて自然と頰が緩んでいく。パティシエールとしてこんな風に指名をいただけるのは、とても光栄なことだ。

ここは完全オーダーケーキの専門店だ。ウェディングケーキやバースデーケーキをお客様のご要望どおり一からデザインして、世界にひとつだけのケーキを作りあげていく。

やりがいのある仕事だが、お客様のイメージを形にしていくという、難しく繊細な仕事でもある。