その後日から、リリアは学院通いを再開した。

 もちろん、サイラスに負けてなどやるものか、という思いである。

 彼がわざわざ家に来たのも、実のところ、やはり婚約者としての立場から仕方なく――そして『休んだからまた見舞いに来てやったぞ』と、上から目線で言いたかったこともあったのでは?とあとで思い至った。

 サイラスなら、やりかねない。

 というわけでリリアは、遅れた分の勉強も空き時間にしっかりやった。あと数ヶ月の授業に関しては、新規で学ぶのは少ないので助かる。

 父は、サイラスの訪問があってからしばらく、なんだか様子がおかしかった。使用人達は揃って生温かい目だし、それをアサギに尋ねても教えてくれない。

「また魔法で相殺されたって愚痴ったのに、なんで生温かい目なの?」

 学院へくることを再開して、八日目。

 その間に二回、サイラスと遭遇して相変わらずのように衝突した。数少ない父の出席した社交の場でも、またアサギの同伴を言われて……。

 でも、あの時はいつもと違っていた。