目を覚ますと
あなただけ分からなかった


小沢さくら(25)
交通事故に遭い遠田葵のことだけ忘れてしまう

遠田葵(28)
優しく顔立ちも良く仕事もできる
さくらの彼氏だが、忘れられてしまう

「あなたは私にとってどんな存在だったの?」
「お願いだ。思い出してくれ」

私が忘れてしまった彼

私が記憶を戻しても私のこと好きでいてくれますか?

この作品のキーワード
記憶喪失  純愛  交通事故  切ない