空から粉雪が、

いつしか牡丹雪に変わった夜更けに

いつかの君の姿を夢に見る。


もう、思い出すこともなかったのに。

澄んだ空気に乗ってきた懐かしい香り。


忘れられたと

そう

思っていたのに。



*ソルティ・クリスマス*
香りだけが、君を忘れさせてくれない。


2020.12. Ruri.

この作品のキーワード
クリスマス    香り