(ここで寝てくれるのかな)

 陽茉莉はそれを見てようやくほっとした。

(今日は色んなことがあったな)

 急激に疲れを感じて、眠気が押し寄せてくる。陽茉莉は枕に頭を預けると、目を閉じる。 

「これはちょっと……、キツいな」

 完全に意識が遠のく寸前、相澤が途方に暮れたように呟く声が聞こえた気がした。