◆◆    2


 この日、会議室は少しぴりぴりとした緊張ムードが漂っていた。

「今回の営業対象であるカノンリゾートグループだが、国内に十六、海外に二つの宿泊施設を構えるホテルチェーンだ。カノンリゾート東京はその中でも最大の規模を誇る。総客室数は四五〇室、設備にはスポーツジム、エステサロン、大宴会場──」

 須山課長の説明を聞きながら、陽茉莉はぺらりと資料を捲る。

 陽茉莉が所属する営業第一部のミッションは法人の顧客への営業、即ち、アレーズコーポレーションが作るリラクゼーション関連商品の需要開拓である。

 この度、大規模ホテルチェーンであるカノンリゾートグループがその旗艦店である『カノンリゾート東京』の大幅なリニューアルを行うという。新コンセプトは『都心の癒やし・極上リゾート』だ。

 これに伴い、カノンリゾートではアメニティグッズなどの大刷新を行うためのコンペを開催する。アレーズコーポレーションでもこれに参戦する計画を立てているのだ。