オムライスと言っても、昔ながらのケチャップをかけるものからデミグラスソースやホワイトソースで食べるちょっとお洒落なものまで色々とバリエーションある。

 陽茉莉が念のため確認すると、悠翔は「うん、そうだよ」と応えた。

「よし。じゃあ、今夜はオムライスだ!」

 子供が好きな料理の定番だと、陽茉莉は頬を緩ませる。
 メインがオムライスなら、サイドメニューは具だくさんのコンソメスープとフレッシュサラダにしよう。

「やったー」

 悠翔は両手を挙げて大袈裟に喜ぶと、ピョンとジャンプした。