モヤさんとデートしてから一ヵ月が経った。
 すっかりと秘密の館での生活に慣れた私は。
 畑仕事や庭園の手入れ。
 サクラとガールズトークなるものをしたり、お菓子を作ったりと。
 のんびりと過ぎて行った。

 ヒサメさんに関しては一切の感情を排除しようと決めた。
 向こうも話しかけてこない。
 ヒサメさんに抱きしめられて。
 勝手に意識してしまった私は愚かな人間だと割り切った。
 トキメキなんてものは必要ない。
 奥さんのことを思い続けているならば、勝手にどうぞ。

「沢山取れたねー」
 その日は、サクラと芋の収穫をしていた。
 籠いっぱいに芋を入れて。
 華奢な身体なのに。
 軽そうに、ひょいとサクラが籠を持ち上げる。
「食堂に持って行って、夕飯の材料にしてもらいましょ」
「うん。そうだね」
 今日はアラレさんは畑に来ていない。
 急用だと行って、朝早くヒョウさんと出かけて行った。

「ついでに、昼食貰ってくるわ」
「あ、よろしく」
 昼食は外で食べることが多いので。
 お昼ごろ、食堂に取りに行くことになっている。
 サクラが行ってしまい。
 服についた泥をパシッと払って。
「うーん」と背伸びした。
 良い天気だ。
 たまに雨は降るけど。
 心地よい天気。
 一面の青空のもと。
 首を左右に倒してストレッチする。

「きゃっ」

 後ろのほうで、サクラの声がしたので。
 転んだのかと思って振り向く。

「カスミ、逃げて」

「え?」
 え、と声を漏らした瞬間、
 足に痛みが走った。