白い蝶が、畳の上でひらひらと舞っていた。


 紋白蝶が部屋に迷い込むのは、そうあることでもない。

 私も三年ここで過ごしているが、実際そうなるのは初めてだった。

 自由に、不規則に揺れる一対の影。天井からの眩しい明りに照らされ、濃いそれが畳の上に落ちる。

 なぜか自分でも分からなかった。


 でも急な、意味の分からない衝動に駆られて。気付けば、私は縁側へと続く襖を閉めていた。

この作品のキーワード
和風  金持ち  監禁  年の差  御曹司  溺愛  完結  短編  甘々  婚約者 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。