窓を開けると雲一つない青空が広がっていた。

 丘の上にある城館まで村の教会から朝の鐘の音が聞こえてくる。

 まるで今日という日を祝福しているようだ。

 十八歳になった伯爵令嬢エレナは王子と正式な婚約を結ぶために、今夜王都に招かれているのだった。

 今夜のパーティーに思いを馳せながら、彼女は空へ飛び立つ小鳥を目で追っていた。

「お嬢様、お支度の時間でございます」

 侍女に呼ばれて振り向くと、エレナは天蓋付のベッドに勢いよく倒れ込んだ。

「はあ、着替えなんて面倒ね。このままじゃだめかしら」

「寝間着で婚約パーティーなど、とんでもございません」

 侍女は呆れながら、エレナが脱ぎ捨てた寝間着を拾いあげた。

「こちらが本日のお召し物でございます」

 侍女の差し出すドレスを見て、今度はエレナがため息をついた。

「なんて古くさいドレスなの。こんなの嫌よ」

 まるで分厚いカーテンを縫い合わせたような重苦しいデザインだ。

「由緒ある伯爵家に代々伝わる衣装でございます。亡き奥様もお召しになった形見の品でございますよ」

 侍女にたしなめられてエレナはうつむきながらドレスを見つめた。

「お母様の……」

 それを言われてしまうと、何も言えなくなる。

 幼い頃に亡くなった母は、気品にあふれた慈愛の象徴として記憶の中にある。

 その母が亡くなって以来、十八になる今まで世話をしてくれた五歳年上のミリアは、侍女とはいえ姉代わりとも言うべき存在であった。

 わががまを言いつつも、侍女の言うとおりにしておけば間違いはないのだった。