たくさんの人間が行きかう駅のホーム。

そんな中に、あなたのことをじっと見ている人がいる。

あらすじ

駅のホームで人形を抱いて座っている女性を見かけた。

一日中、ホームの同じ場所に座ったまま。

そんな異様な光景を、他の人たちは関わらないよう素通りしていく。

わたしもその仲間だったが、ある日、彼女がわたしに向かって手招きしてきた。

この作品のキーワード
  人形  女子高生  母親    生と死  悲哀