「初めまして。里山 利奈と言います。よろしくお願いします」
また新しい入居者……ではなく、今回は家政婦が入った。
広子がしばらく留守にするからと、家政婦を雇ったのだ。
正確には利奈が大翔のカフェで働いていて、新しい家を探している話を聞き、大翔が紹介したのだ。
でも丸重城は家賃が高い。
(家のことは全て広子がするのだから、当然)
なので、利奈には無理だ。でもちょうど広子がしばらく留守にするので、だったら家のことをしてくれるなら、家賃を格安にするとゆう提案があり、入居が決まったのだ。

「初めまして…大翔の妻の…柚希、です……」
少し伏し目がちに、挨拶する柚希。
「響子です。よろしく!」
「中也!大翔の弟だよ!」
「玄だよ!よろしくね、利奈ちゃん」
「てかよ、玄。いつの間に入居してんだよ!」
「いや、姫の病気克服の手伝いに住んじゃおうかなって!よく考えたら、広子さんが全部やってくれんだろ?これ程いいことないじゃん!」
「まぁいいじゃん、兄貴。玄なら。柚希も安心できる人だし!」
「私もクラブの事で色々相談できるし、助かるわ!」
「私も玄さんなら、大丈夫だよ。大翔」
「柚がいいなら、いいけどよ!」
「てことで、よろしくね~」

「じ、じゃあ利奈さんは、お風呂掃除お願いできますか?」
柚希が少し震えながら、利奈に指示する。
「あ、はい。わかりました!」
利奈も事前に柚希のことを聞いているので、特に気にすることもなく、従った。