次の日の朝。
「おはようございます、椿姫様」
カーテンを開けながら、挨拶する二階堂。
「おはよう……」
昨晩のことがあり、二階堂を見れない。

「椿姫様、僕はあなたを琥珀様から奪おう等と思っていません。
僕の願いは、椿姫様が幸せになることです。
あなたが幸せになってくれるなら、何でも致します。
ただ覚えておいて下さいね………?
あなたを傷つける人間は、例え誰だったとしても……
俺が赦さない………」
ベットの下に跪いた二階堂が、椿姫をまっすぐ見上げ、力強い声と表情で言った。

「えぇ…」
心なしか、椿姫は震えていた。
椿姫にとって、琥珀以外の男に触れられることは恐怖だった。
琥珀だけではない。
椿姫だって、琥珀を狂おしい程愛しているのだから。

「そんなに怖がらないで下さい。
もうあんなことしませんから……
申し訳ありません。
椿姫様が傷つけられたのを見て、止まらなくて……」
「でも、あれはわざとじゃないわ。
事故みたいなものよ。
昨日話したでしょ?
二階堂もお母様も、大袈裟よ……
フフ…お母様なんて、先生を呼ぶなんて言い出すし(笑)」
「それだけ、椿姫様は皆様に愛されてるんですよ」
フワッと笑う、二階堂。

「あ…その笑顔……」
「え?」
「二階堂のその笑顔見ると、安心するの。
子どもの時から、いつも私の傍にいてくれたでしょ?
心配事とか、不安な時いつもフワッて笑って、支えてくれた。
パパは仕事ばかりだし、ママは過保護で息苦しくなるし。
琥珀に出逢うまで、二階堂がいてくれたから生きてこられたから」