遠い昔に見たことがある、美しい月夜に舞う桜。

けれど、私の胸はきゅっと苦しくなる。

あの切なさをずっと覚えている。

今も昔も。


君を見た瞬間、その『きゅっ』が。

蘇った。

この作品のキーワード
前世