元禄赤穂事件。・・・歴史の真実は、一人の男に委ねられた。

あらすじ

 1703年12月14日。播州赤穂浅野家の浪士四十七名が、本所松坂町の吉良上野介の屋敷に討ち入り首級を挙げた。いわゆる元禄赤穂事件である。
 その赤穂事件の裏に、一人の無名の浪人が関わっていた。彼の名は、黛多都馬。ある事件より知己を得た元赤穂藩士/堀部安兵衛と、刃傷事件により懇意になった吉良家との間で武士としての大義に苦悩する。

この作品のキーワード
忠臣蔵  赤穂浪士  大石内蔵助  吉良上野介  堀部安兵衛  二階堂平法  浅野内匠頭  元禄時代  生類憐みの令