グレイス=アフレイドは男爵家の一人娘で、もうすぐ十六歳。
傍にはいつも、小さい頃から仕えてくれていた、フレン=グリーティアという従者がいた。
グレイスは数年前から彼にほんのり恋心を覚えていた。

ある日グレイスは父から、伯爵家の次男・ダージル=オーランジュという人物と婚約を結ぶのだと告げられる。
突然の結婚の話にグレイスは戸惑い悩むが、フレンが「ひとつだけ変わらないことがある」「わたくしはいつでもお嬢様のお傍に」と誓ってくれる。
グレイスの心は恋心と婚約の間で揺れ動いて……。

第3回ビーズログ小説大賞・一次選考通過
第20回ビーンズ小説大賞・一次選考通過
エブリスタ・特集掲載

この作品のキーワード
恋愛  甘々  ファンタジー  じれじれ  異世界  溺愛  従者  身分差  主従  歳の差