✾✾



「ただいまー」



楽しかったデートを終えて、家に帰ってきた。

洗面所に直行し、手を洗っていると。



「れい兄、おかえりっ」

「おぅ」



由宇がドアの隙間から顔を覗かせた。

やけにニコニコしてんなぁ。またお小遣いでも貰ったのか?



「どうしたの?」

「実は、あつ兄がズイッチ買ってくれるんだって!」

「ゲーム機?」

「うん! あと! 姉ちゃんはソフト買ってくれるんだって! 後で何がいいか一緒に選ぼ!」



興奮気味に言い残してドアを閉めた由宇。

相当嬉しかったのか、ドアの向こうで鼻歌を歌っている。


お小遣いの上の上をいくとは……さすが兄ちゃん姉ちゃん。

ゲームっていっても、受験生だからする暇ねーんだけどな……。



部屋に戻って着替えて、ゲーム機の値段を調べる。

うーん、これもお年玉全額の8割……。
これにソフトも買うなら、貯金を使わないと厳しそ……。



「貯金……?」



ハッと気づき、引き出しから通帳を取り出す。

確か春休みまでバイトしてた分のお金が、まだ残ってた気がするんだけど……。



「…………足りるな」



残高を見てニヤリ。


初めてのプレゼントにしては、少し高くて重いかもしれないけど、最初だからこそ、素敵な物を贈りたい。

そうと決めたら。早速明日、買いに行きますか。