「最初のものがたり」の香澄side編。

「最初のものがたり」では
主人公のナナミの恋敵であり、
天然のツバサくんを狙うあざとい、
意地悪な女の子のイメージが強い
彼女。
でも、実はツバサくんへは
まっすぐに、純粋にぶつかっていた。

そんな香澄sideの物語。

子どもの頃から愛想がよく、大人からも
同級生からも人気があった。

特に努力なんてしなくても、いつも
なんとなくいいポジションにいたし、
贔屓もしてもらっていたんだと思う。

ただ、笑顔で愛想を振りまいていたら、
なんでも上手くいった。

男の子なんて、典型的だった。
みんな、私がニコニコするだけで、優しく
してくれる。

特定の男の子を作りたいとも、
好きだと思える存在の必要性も感じなかった。

そんなカスミが初めて恋をしたのは
野球少年のツバサくんだった。

掴みどころのない、ふわふわした
雲のような少年、ツバサ。

でも、彼の内に秘めた熱い物を一緒に
感じたい!

一緒に喜びたい。

初めてそんな感情になった。

カスミとツバサのsideストーリー



あらすじ

いつもみんなの中心にいた私。

なんとなく人生イージーモード。

まさか、私が本気で恋をした!?

彼には、私の笑顔もお願いも効果ない。

掴みどころのない男の子。

野球しか眼中にないツバサくん。

だけど、あの子だけは特別だ。

彼女には頼りきりで、甘えてる。

負けたくない。

せっかく、本気になったんだから。

絶対に落としてみせる!

「最初のものがたり」のカスミsideストーリー


目次

この作品のキーワード
恋愛  嫉妬  高校生  野球  青春