アメリアは、契約を提案した際にも冷静に聞き入っていた。小さく息をつき、あの大人びた目で見つめ返してきて、自ら交渉を固めてまできた令嬢だ。

もしものことがあったら、君と結婚してもいい。

不意に、その近衛騎士隊長が述べたことが想像された。彼女が、エリオットの知らない顔で笑って、手を取り合う光景が脳裏に浮かんだ途端、どうしてか胸の辺りがぎゅっとした。

そもそも、いつの間に近衛騎士隊長とそんなに仲良く?

その『もしものこと』というのは、探している結婚相手として、こちらの契約について何か話したということか……?

偽りの婚約者だ。それなのにエリオットは、そう考え出した途端になんだか気になってきてしまった。

「お前ら、ちょっと席を外せ」

「は? 殿下、いきなり何を――」

「いいから。少し外に出てろ」

エリオットは、いったん部屋から全員追い出すと便箋を取り出した。社交辞令ながらも前回よりも、やや丁寧に婚約者らしい言葉も連ねて手紙を書いた。



すると後日、またしても形式的なそっけない手紙が返ってきた。

一つ違っていたのは、エリオットが手紙に、初めて書いた質問への回答もプラスされていたというだけだ。

『契約のことは誰にも話していません。ご安心くださいませ』

――たった、その一文だけだった。

相手の近衛騎士隊長には、笑顔も見せてずっと喋っているらしいのに、俺には社交辞令の手紙もたったこれだけなのか?

なんだかエリォットは、それがすごくもやもやした。